• 切り絵

切り絵アート制作いたします!

par Miki KAJITA

400.001,600.00

現代芸術家・切り絵作家 カジタミキによる切り絵アート制作サービス !

カジタミキのプロフィール・経歴はこちらをクリック。

 

【カジタミキの切り絵メイキング映像】

 

【切り絵とは?】

切り絵は、日本において古より神様の儀式に使われ、今でも飛騨高山などでは奈良時代以来と伝えられる伝統的な様式が残っている。その後、一般的には染物師が使う染の型紙として発達した芸術の一つ。

 

Japan Collection から、4種類のオリジナル切り絵アート制作をご提供いたします。
 
和柄デザインは、外国人のご友人へのプレゼントや日本のお土産として最適!
(よくあるご依頼内容:本の表紙やポスター、CMヴィジュアル、ショーウィンドウディスプレイ、パリコレ衣装、看板ロゴなど!)
サイト上の写真を作品例としてご参照ください。

 

【価格(額・送料込み)】

Art① 400 €
Art② 800 €
Art③ 1200 €
Art④ 1600 €

 

※デザイン例(写真):和柄の扇、鶴、金魚、クジラ、鳥、蝶や蜂などの生物、空想上の動物も可能(ドラゴンやユニコーン等人型以外)、万華鏡、ファンタジーの世界観などご希望のデザインがその他ございましたら、ご相談ください。

 

※デザインの種類や大きさにより値段が変わります。(サイズはA3まで)
A3以上は特別注文になるので価格はその都度ご確認いただく形になります。

 

※扇は、立体作品となり厚みがあるため④の価格となっております。

 

※蝶をまとめた画像に関しては、イメージ画像の為まとめての価格ではございません。
蝶は一匹、①または ②の価格になります。

 

※写真の切り絵アート例をご参考に、どのようなデザインをご希望かお知らせください。
それぞれ、価格などの詳細をお伝えいたします。

 

【ご注文の流れ】

Japan collectionのアドレス info@japancollection.fr、またはお問合せフォームやチャットウィンドウから、お問合せいただきます。その際にどのデザインや色をご希望か、数量など詳細をお知らせください。
こちらでお見積りいたします。(基本的には、一つにつき上記の①~④の価格のいずれかになります)
ご承諾いただけましたら、こちらの切り絵アート出品ページでお支払い頂きご予約確定となります。
線画のラフに入ります。(下書き)
清書を終え、チェックをしていただきます。
※注※

線画の修正:ラフの段階で3回、清書を終えてチェックして頂く時点で3回、計6回目までは無料で修正可能です。(清書の時点で、最初に戻ってラフおこしからやり直しなどは不可)

7回目からは一回につき15€追加料金を頂くことなりますので、ご了承ください。
色に関しては1回無料で修正できます。
色の変更は、2回目以降は17€追加料金が発生いたします。
完成できましたら、発送いたします。

 

【納期】

制作期間に関しては注文から発送までで簡単なものなら最短10日前後、難しいもので最短一か月で仕上がります。ご注文の前にお問い合わせください。

 

【配送】

全世界送料無料!日本国内だけでなく、海外発送も送料込みで承っております。
※購入金額などによっては日本国外の場合、関税のお支払いが必要になる場合がございます。必要になった場合はお客様ご負担となりますので予めご了承ください。

 

【キャンセルポリシー】

ご注文時に全額をお支払い頂きますようお願いします。 なお、ご注文から24時間以内にキャンセルを申し出て頂いた場合、お支払い額を全額を返 金させて頂きます。 注文より24時間以降になりますとキャンセルをお受けできませんのでご了承ください。

※著作権の放棄及び譲渡ではないため、商用利用の際は要相談とさせていただいております。商用利用に関しましては、ご使用目的によっては別途料金を頂く場合がございます。ご相談ください。

 

 

Effacer
UGS : N/A Catégories : , ,

Description de produit

現代芸術家・切り絵作家 カジタミキによる切り絵アート制作サービス !

カジタミキのプロフィール・経歴はこちらをクリック。

 

 【切り絵とは?】

切り絵は、日本において古より神様の儀式に使われ、今でも飛騨高山などでは奈良時代以来と伝えられる伝統的な様式が残っている。その後、一般的には染物師が使う染の型紙として発達した芸術の一つ。
Japan Collection から、4種類のオリジナル切り絵アート制作をご提供いたします。
 
和柄デザインは、外国人のご友人へのプレゼントや日本のお土産として最適!
(よくあるご依頼内容:本の表紙やポスター、CMヴィジュアル、ショーウィンドウディスプレイ、パリコレ衣装、看板ロゴなど!)
サイト上の写真を作品例としてご参照ください。

 

【価格(額・送料込み)】

Art① 400 €
Art② 800 €
Art③ 1200 €
Art④ 1600 €
※デザイン例(写真):和柄の扇、鶴、金魚、クジラ、鳥、蝶や蜂などの生物、空想上の動物も可能(ドラゴンやユニコーン等人型以外)、万華鏡、ファンタジーの世界観などご希望のデザインがその他ございましたら、ご相談ください。
※デザインの種類や大きさにより値段が変わります。(サイズはA3まで)
A3以上は特別注文になるので価格はその都度ご確認いただく形になります。
※扇は、立体作品となり厚みがあるため④の価格となっております。
※蝶をまとめた画像に関しては、イメージ画像の為まとめての価格ではございません。
蝶は一匹、①または ②の価格になります。
※写真の切り絵アート例をご参考に、どのようなデザインをご希望かお知らせください。
それぞれ、価格などの詳細をお伝えいたします。

 

【ご注文の流れ】

Japan collectionのアドレス info@japancollection.fr、またはお問合せフォームやチャットウィンドウから、お問合せいただきます。その際にどのデザインや色をご希望か、数量など詳細をお知らせください。
こちらでお見積りいたします。(基本的には、一つにつき上記の①~④の価格のいずれかになります)
ご承諾いただけましたら、こちらの切り絵アート出品ページでお支払い頂きご予約確定となります。
線画のラフに入ります。(下書き)
清書を終え、チェックをしていただきます。
※注※

線画の修正:ラフの段階で3回、清書を終えてチェックして頂く時点で3回、計6回目までは無料で修正可能です。(清書の時点で、最初に戻ってラフおこしからやり直しなどは不可)

7回目からは一回につき15€追加料金を頂くことなりますので、ご了承ください。
色に関しては1回無料で修正できます。
色の変更は、2回目以降は17€追加料金が発生いたします。
完成できましたら、発送いたします。

 

【納期】

制作期間に関しては注文から発送までで簡単なものなら最短10日前後、難しいもので最短一か月で仕上がります。ご注文の前にお問い合わせください。

 

【配送】

全世界送料無料!日本国内だけでなく、海外発送も送料込みで承っております。
※購入金額などによっては日本国外の場合、関税のお支払いが必要になる場合がございます。必要になった場合はお客様ご負担となりますので予めご了承ください。

 

【キャンセルポリシー】

ご注文時に全額をお支払い頂きますようお願いします。 なお、ご注文から24時間以内にキャンセルを申し出て頂いた場合、お支払い額を全額を返 金させて頂きます。 注文より24時間以降になりますとキャンセルをお受けできませんのでご了承ください。

※著作権の放棄及び譲渡ではないため、商用利用の際は要相談とさせていただいております。商用利用に関しましては、ご使用目的によっては別途料金を頂く場合がございます。ご相談ください。

Information complémentaire

Lieu

00 – Japon, 01 – Ailleurs, 60 – L’Oise, 75 – Paris, 77 – Marne la Vallée, 78 – Les Yvelines, 91 – Essonne, 92 – Hauts-de-Seine, 93 – Seine-Saint-Denis, 94 – Val-de-Marne, 95 – Val d’Oise

Art

①, ②, ③, ④

Avis

Il n’y pas encore d’avis.

Seulement les clients connectés ayant acheté ce produit peuvent laisser un avis.

Miki KAJITA

English is below.. / 日本語は下記に記載..

【L’art du découpage japonais (Kirie) par l’artiste Miki KAJITA】

Miki voit le monde d’une façon assez singulière. En effet, lorsqu’elle était jeune, sa grand-mère lui disait souvent : " il y a un autre monde qui existe même si on ne peut pas le voir depuis notre propre monde, il existe et est peuplé comme le nôtre. Il ne faut pas violer l’intégrité de cet autre monde"

C’est peu après qu’elle commence à s'intéresser à l'étude des mythes japonais et du Youkai (**« esprit », « fantôme », « démon », « apparition étrange »)

Le Youkai est un terme générique, qui est utilisé pour englober virtuellement tous les monstres et êtres surnaturels. Dans le folklore japonais, il désigne un type de créatures surnaturelles.) mais également la vie et la mort. L’œuvre de l’artiste est inspirée de ce folklore japonais.

Elle élabore un monde à partir de découpages (Kirie) plats (standards), mais aussi de découpages en 3D, de costumes, d’installations artistiques, d’œuvres médiatiques (affiches)…

Les différents type de papiers qu'elle utilise pour ses découpages ont des teintes diverses et variées adaptées à chaque projet.

Ses découpages (Kirie) sont éblouissants de beauté et particulièrement touchant.C’est pour cela qu’elle est souvent contactée pour exposer ses œuvres au Japon et dans le monde entier dans le cadre de grands évènements et qu’elle propose aussi des expositions individuelles.

2008 : C’est par hazard, suite à une viste dans un magasin d’antiquité qu’elle tombe sous le charme du papier aux motifs utilisés pour la fabrication des kimonos, et commence la création de découpage (Kirie) en complète autonomie.

2011 : Elle ouvre sa première exposition individuelle

2012 : Elle se lance comme artiste professionnelle de Kirie - Tottori Hana-kairo x Sainan sacca : Participation à l’élaboration de la maquette du film. - Vente de kit de Kirie

2014:
- présentation de ses créations de costumes et accessoires en Kirie à 「2014 Yumi KATSURA Grand Collection à Osaka  Kagatali no Toki」et「2015 Yumi KATSURA Paris couture collection〜GLORIOUS RIMPA〜」
-présentation de ses décorations de robe en Kirie et élaboration de l'affichage pour une vitrine pour l'anniversaire des 50 ans de la boutique de mariage “par Yumi KATSURA”.

2016 :
-Parution dans le magazine VOGUE avril
-Affichage de ses créations dans le grand magasin DAIMARU MATUZAKAYA
-Ouverture d’une exposition individuelle à Ouchi Gallary à New York.
-Participation et présentation de ses créations lors d’une exposition au grand magasin ISETAN

2017 :
- Réalisation de la couverture du bulletin d'information pour Daiwa house
- Participation à la Onishi Gallary à NY.
- Commercialisation de ses propres livres de designs de Kirie par NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd. et Seibundo Shinkosya Co.,Ltd.
- Ouverture d’une exposition individuelle au musée Imaoka à Tottori et à Gallery Art Point, Ginza à Tokyo

2018:
-Réalisation de la couverture du bulletin d'information pour Daiwa house
-Participation à l'exposition JAPAN ART STORM IN OUR TIME à Taiwan
Participation à de nombreuses autres expositions...

【Média 】

-18/09/2014 BSS Sanin pendant le journal télévisé
-28/02/2015 BSS Sanin "Maido ♪"
-03/262015 Fujitv "Mazamashi TV"
-02/05/2015 BSS Sanin Chuo TV "Shukan Yahho!"
-2015 Nippon Television"Sukkiri!"
-21/09/2015 Izumo Canle TV
-02/11/2015 Nihonkai TV "Vnews every."
-30/11/2015 Nippon television "News Zero"
-14/12/2015 NHK Shimane "Shimanet610"v -29/12/2016 Nippon television "news every"
-20/02/2017 Nihonkai tv  "News every"
-19/07/2017 Izumo cable tv

 【Journal/Magazine】

Sanin Chuo, Daiwa House Manshion, Shimanesku, Agence d'art etc


【切り絵作家  カジタミキ】

幼少期に祖母から聞いた「この世界には目には見えないけれど存在する世界があって、そこにいる者達がいて、それを無闇に侵害してはならない」という言葉を切っ掛けにその世界について想像するようになる。
次第に神話、妖怪といった学問、また生死について強い関心を持つ様になり作品は主にその思考を元に制作している。
通常の平面の切り絵だけでなく立体切り絵、衣装、インスタレーション、映像作品など様々な世界観を展開。 切り絵に使用する紙は独自に着色した物で色彩と光沢が特徴。
切り絵を「見る」物から「体感」する物へ、という変革を試みている。
国内外で数多くのグループ展参加、個展開催。

2008年 偶然骨董店で出会った着物の型紙にほれ込み、その柄を切るため独学で切り絵を始める。
2011年 初個展開催
2013年 本格的に作家活動開始。
とっとり花回廊×山陰sacca企画 切り絵の映像作品の原画制作。一ヶ月以上に渡り上演される。
有限会社トラストプリンティング 切り絵キット発売。 「2014 Yumi Katsura Grand Collection in Osaka 輝きのとき」
「2015ユミカツラパリクチュールコレクション〜GLORIOUS RIMPA〜」にて衣装、ジュエリー切り絵装飾提供。
桂由美ブライダルハウス本店50周年記念ショーウィンドウディスプレイ&ドレス装飾に切り絵提供。

2016年 VOGUE4月号にイメージビジュアルとして使用される。
2016年 大丸松坂屋百貨店夏、冬のギフト、メインイメージビジュアルに使用される。
星野リゾート界出雲にて行灯設置
ニューヨーク・ヲウチギャラリーにて個展開催
グループ展「骨のあるアート展2」参加( 伊勢丹新宿本館5Fアートギャラリー)

2017年 ダイワハウスマンション用会報誌プレミスト年間表紙制作
ニューヨーク・大西ギャラリーグループ展参加
2017年大丸松坂屋百貨店夏のギフト、メインイメージビジュアルに使用される
日本文芸社から切り絵図案集「立体でつくる、綺麗な切り絵と小物たち」発売
誠文堂新光社から切り絵図案集「組み合わせつくる繊細なかたち 花な立体切り絵」発売
今岡美術館にて個展開催(島根県出雲市)
銀座・ギャラリーアートポイントにて個展開催 2018年 ダイワハウスマンション用会報誌プレミスト年間表紙制作
グループ展JAPAN ART STORM IN OUR TIME参加(台湾) その他多数の個展開催、グループ展参加経歴あり。


メディア出演歴

TV
2014年9月18日BSS山陰放送 ニュース番組内特集
2015年2月28日BSS山陰放送 「まいどっ♪」特集放送
2015年3月26日フジテレビ「めざましテレビ」
2015年5月2日TSK山陰中央TV「週刊ヤッホー!」特集放送
2015年日テレ「スッキリ!」あさ芸コーナー
2015年9月21日いずもケーブルヴィジョン特集放送
2015年11月2日日本海T「Vnews every.」特集放送
2015年11月30日日本テレビ「news ZERO」ZERO human特集放送
2015年12月14日NHK島根「しまねっとNEWS610」特集放送
2016年12月29日日本テレビnews every.特集放送(関東)
2017年2月20日日本海テレビnews every.特集放送(中四国)
2017年7月19いずもケーブルヴィジョンニュース番組


新聞・雑誌・印刷物

2015年7月25日山陰中央新報取材記事掲載
2016年8月 大和ハウスマンション会報誌 プレミスト取材記事掲載
2016年12月 県外向け広報誌シマネスク取材記事掲載
2017年1月27日山陰中央新報取材記事掲載
2017年㋆ 山陰中央新報取材記事掲載
2017年11月号 美術手帳インタビュー記事掲載
2017年12月25日山陰中央新報取材記


【Cutout pictures artist  Miki KAJITA】

I have imagined The invisible world since my grandmother told me about the its existence in my chidhood
She also taught me about the living there  and instructed me that we didn't have to infringe on them.
I'm biginning to have an interest in a ayth, learning adout a ghostly monster and a matter of life and death.
My works are not only cutout pictures but also 3D (three-dimensional)cutout, paper cutting outfit, installation, video work and so on. I produce and develope the various unigue weltanschauung
Papers I use for cutout are dyed originaly(by myself)and colrs and the gloss are the characteristics of them.